東京不動産業健康保険組合

東京不動産業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

死亡したとき

被保険者や被扶養者が死亡したときには、被保険者によって生計を維持されていた人に「埋葬料」が支給されます。なお、被保険者によって生計を維持されていた遺族がいない場合は、実際に埋葬を行った人に「埋葬費」が支給されます。

被保険者(本人)が亡くなったとき

必要書類

【添付書類】

  • 死亡したことを証明する書類(事業主証明※、死亡診断書の写し、埋葬許可証の写し、火葬許可証の写し等のいずれか)
    • ※事業主証明は請求書の事業主証明欄⑬~⑰に記載してもらってください。
【以下に当てはまる場合に添付していただくもの】
<埋葬料:請求者が当健保組合の被扶養者でない場合>
  • 生計維持を確認できる書類(住民票等。亡くなった被保険者と請求者が記載されているもの)

<埋葬費:実際に埋葬を行った人が請求する場合>
  • 埋葬に要した費用の領収証・明細書(請求者氏名宛の原本)
提出期限 すみやかに
  • ※健康保険の給付を受ける権利は、2年で時効となります。
対象者
  • 被保険者によって生計を維持されていた人(埋葬料)
  • 被保険者によって生計を維持されていた人がいない場合には、実際に埋葬を行った人(埋葬費)
お問い合わせ先 給付係 TEL 03-3343-2805
備考 そのほか事業主から資格喪失の届出が必要となります。
参考リンク

被扶養者(家族)が亡くなったとき

必要書類

【添付書類】

  • 死亡したことを証明する書類(事業主証明※、死亡診断書の写し、埋葬許可証の写し、火葬許可証の写し等のいずれか)
    • ※事業主証明は請求書の事業主証明欄⑬~⑰に記載してもらってください。
提出期限 すみやかに
  • ※健康保険の給付を受ける権利は、2年で時効となります。
対象者 被扶養者が亡くなった人
お問い合わせ先 給付係 TEL 03-3343-2805
備考 そのほか亡くなられた人を被扶養者からはずす手続きが必要となります。こちらをご参照ください。
参考リンク

ページ先頭へ戻る